妊婦健診費の助成

Pocket

妊婦健診費の助成子育て日和、DIY日和 

お金がなくても子供が産めるかも!と、思ったきっかけ その1

『妊婦健診費の助成』

保険がきかない妊婦健診費の一部を自治体に負担してもらえるというもの。

国が推奨する健診回数の14回分の助成券がもらえますが、

助成内容や回数は自治体によって異なるので確認が必要です。

 

神戸市の場合(2014現在)

市内に住んでいる妊婦の方に対し、妊婦健診の公費助成を14回実施

妊婦健康診査の公費助成の内容
補助券の種類(助成額) 枚数 備考
基本的な検査の補助券(5,000円) 14枚 各回の健診につき1枚、使用してください
その他の検査の補助券(1,000円) 18枚 1回の健診で複数枚の使用が可能です
 

※多胎の妊婦の方には、上記に加えて1,000円券を18枚追加で交付します。

※健診費用が補助券の助成額を上回ったときは、超過分は自己負担(有料)です。

※補助券は、兵庫県内の指定医療機関・助産所でのみ使用できます。

   詳しくは神戸市のHPで確認を!

※健康保険が適用された費用については、助成の対象外。

 

手続きの主な流れ
  1. 妊娠が確定し、医師や助産師から”妊娠届”を出すよう指示が出る。
  2. 役所や保健所へ妊娠届を提出。
  3. 母子健康手帳の交付と一緒に補助券の冊子をもらう。
 

受診の際は補助券と母子健康手帳を持参。

補助券と一緒に渡されるバーコードシールを補助券に貼って使用。

補助券はつづりから切り離さずに医療機関・助産所の窓口に出す。

 

 

Related Articles:

コメントを残す

Get Adobe Flash player